2013/01/31

新党設立の呼びかけ

こんばんは。
数年前から新党を立ち上げて国政に勇み出たいと思っていたが、
構想がまとまらず、また方法論(=チーム結成や宣伝方法等)について考えがクリアにならなかったのだが、今回は立ち上げるであろう新党(仮名称:新党時代精神)についての綱領、といったそこまで大それたものではないが、選挙公約は既に考案済みだ。以下、紹介したい:

1. 通貨発行権の政府による掌握

これは決定的政策だ。周知の通り、現行の通貨発行に際しては私的民間中央銀行制度というのが世界の趨勢を占めいているわけだが、要はこの通貨発行権の一部特権階級による独占により世界は借金奴隷制度となっている。見て欲しい、一般人を。生活費を稼ぐのに一杯一杯でせわしなく働かざるを得ない状況ではないか。
かのリンカーン元大統領やジェファーソン、ワシントンら建国の父らは皆、通貨発行権の重要性を理解していた。
リンカーンの言葉を引こう:

政府は、政府の支出力と購買者の購買力を満足させるに十分な通貨と信用を創造し、発行し、流通させるべきである。これらの原理を適用する事により、納税者は莫大な利子の支払いから免れる。マネーを創造し流通させるという特権は、政府の最高特権であるばかりでなく、政府が持つ最大の創造的な機会なのだ。

アメリカでは1913年に米連銀法が施行され、国際銀行家にアメリカの発明の才と力動性は乗っ取られてしまった。日本も中央銀行制度であり、ロゴマークは悪しき目のマークだ。

通貨発行権を政府に取り戻す事により、自在にマネーを作り出す打ち出の小槌を手にする。したがって、税収や、次世代に禍根を残すような国債をその財源とする必要がなくなる。そこで

2. 諸税の廃止、国債発行廃止
3. ベーシックインカムの導入
4. 公共事業を、経済主体からの寄付でファイナンスする。
5.一般治療医療費負担0割を再度実現する。保険料一律毎月¥2000
6. 年金制度の維持。
7. テクノロジーと新しい電力供給システム(=フリーエネルギー)に牽引産業をシフトする。
8.平和的全方位外交。世界から軍隊を無くす。
9. 貨幣制度廃止に基づく万事無償世界の実現


上記7.については、先般ベルギーのケシェ財団が日本に放射能除去技術と反重力技術を無償提供している。

関心を抱かれた貴方、遠慮なくコンタクトして来て下さい
Email

また近いうちに会おう。
シャローム^^




0 コメント:

コメントを投稿