2013/03/15

イルミナティ

陰謀を理解した方々に次のステップとして是非理解して頂きたいのですが、イルミナティといってもいくつか派閥があるという事です。大きく分けて:

1)バビロニアン・イルミナティ
2)グノーシス派イルミナティ

の二つがあります。


1)バビロニアン・イルミナティ
これが世に悪く言われているイルミナティですが、(ご存知のように)悪玉ですね。トップの連中はサンヘドリンとよばれておりET=宇宙人です。しかも悪い宇宙人です。地球の人口削減なんて何とも思っていません、なぜなら地球は彼ら悪玉ETらにとって故郷ではないし思いやりなどないからです。もし思いやりがあるなら地球はこのような状態にはなっていないでしょう?破壊、殺戮、不条理、無知etc...

とはいえ、覚えておいて頂きたいのですが、地球を永きにわたって(=私が知る限り過去30万年間にわたって?)仕切って来たこうした悪玉ETは既にほぼ9割型地球から追放されている、ということです。
さて、彼らバビロニアン・イルミナティは1776年にドイツはババリアに設立された(といっても実は脈々と古来より続いていたのですが、2)グノーシス派参照)イルミナティを悪玉として正統派イルミナティ(2)のことです)に濡れ衣を着せています。個人的にそれがなにより許せません。偽情報もいいかげんにしてください、と言いたい。目覚めつつある人類を撹乱するのもいい加減にして下さい、と言いたい。
そして彼らの古い世界秩序(Old World Order; OWO)もやがて終わりを告げます。そしてその終わりをもたらすのは私達覚醒層ですしもう動いている所は動いています。
海外に目を転じて下さい。PIGS諸国、アメリカ、フランス...。連日デモだらけです。日本の主要メディアではあまり報道されていないようですが。英語になりますけれどもロシア・トゥデイを見ましょうネ^^

2)グノーシス派イルミナティ
これこそが西洋の正統派イルミナティ、と呼びたいです。
アトランティス時代から脈々と続いています。ソロモン王、ピタゴラス、ヘラクレイトス、ゲーテ、ヘーゲル、ヴァイスハウプト、こうした面々が主な歴代のグランドマスターです。彼らグノーシス派は人々を神たらしめ、(彼らにとって)本当の神であるアブラクサスへと近づけようとしています。神が宇宙を作ったのではなく、宇宙が神を作った、というのが彼らの神学のコアな教義です。他には、神も学んでいるし、ミスも侵すし、それでも弁証法的に発展して行く途上にある存在だと説いています。私は強くこの点に共感します。現在のグノーシス派(かつ正統派イルミナティ!)のグランドマスターは、私の知るかぎり、おそらく複数人いらっしゃるようです。彼らのYoutube動画があります。ご紹介しておきます。是非ご覧ください。
「私達の唯一の希望は革命」(動画より)
それではまた。
シャローム、アッサラーマレイコム、御霊輝かれませ^^

0 コメント:

コメントを投稿