2013/03/03

Youtubeの外国語動画に日本語字幕を作成しよう


今回の投稿では、外国語が出来る方々向けに、Youtubeでの外国語動画に日本語字幕を付ける手法をご紹介したいと思います。インスピレーションを受ける動画があればガンガンアップして情報拡散して行きましょうネ♡

手順を概略すると:
I.オリジナルのYoutube(YT)動画をダウンロード(DL)
II.DLした動画をYTにアップロードし、YTが持つ自動英語トランスクリプト作成機能を使う
III.日本語字幕作成
IV.作成した日本語字幕をYTにアップロード(その前にDLした動画を独自に自分のアカウントでアップする必要がありますね)

以下、手順を細かく説明します。

I.オリジナルのYT動画をDL

Youtubeの動画を動画としてDLするには、Youtube動画ダウンロードサイト:http://www.keepvid.com/ を使ってやります。
このサイトでは、YT動画をFLVやMP4といった各種拡張子でDLする事ができます。
1.DLするYTのURLを空白欄にペースト
2.ジャバアプレットが起動するので「許可」をクリックしてDLされるのを待つ。
3.所定のフォルダにDLされたファイルが追加されます。
これでYT動画のDL作業は完了です。

次、

II. DLした動画をYTにアップロードし、YTが持つ自動英語トランスクリプト作成機能を使う

これは至って簡単です。シンプルに述べます。ご自身のYoutubeアカウントにアクセスし、トップページの検索バー右隣にある、「アップロード」をクリックします。するとドラッグ&ペーストで動画をアップする事が出来ます。してみて下さい。(作業画像も合わせてスナップショットでも撮ってここに載せれば分かりやすくていいのですが、技術的に出来ません笑 ご了承のほどを。)
次に、アップロードされた動画は、例えば英語の動画だとすると、一定時間を置くと英語字幕がYTの方で勝手に作成してくれます。一定時間(=一日置けばまずオッケー牧場^^)を置いて、自動作成された英語字幕をダウンロードする作業に入ります。何故、この自動字幕作成機能を使うかというと、次の行程IIIで実際に日本語字幕を作る際に各字幕の開始時間と終了時間が(クオリティは低いものの)ある程度設定されているから便利なんです。微調整は必要になると思いますが、それはご自分でされると宜しい。
ここで一つ覚えておいて頂きたいのですが、字幕ファイルには二つの大きな拡張子があります。.srtと.bvrです。前者の方が汎用性が高いです。件(クダン)のYT自動字幕作成の際に出来上がる拡張子は.srtです。
では次です。

III. 日本語字幕作成

これが正念場です。IIで出来上がった英語字幕ファイルをまずご自分のPC(ないしMac)に保存する必要があります。YTで「動画の管理」に行き、当該動画の編集ページに行きます。そして、「字幕」というメニューがあるのでクリック。すると自動作成してくれた英語字幕が用意されていますのでそれをDLして下さい。そのファイルを元にオリジナルの日本語字幕を作って行く事になります。
ここで、字幕作成用ソフトウェアを使う事になります。私が使っているのは二つあります。まずJublerというものを使っています。
字幕付けソフトウェアJubler: http://www.jubler.org/
DownloadコーナーでDLして下さい。このソフトウェア(アプリケーション?)はMacにも対応しています。
あともう一つ、私がメインで使っているのが、SubsFactoryというものです。フランス人男性がお作りになりました。
http://subsfactory.traintrain-software.com/index.php?langue=en
トップページに既にダウンロードへのリンクがあるのでそこへ飛んでDLして下さい。

各アプリの仕様や使用方法はDLした際にマニュアルも着いて来るのでそれを参照して下さいネ。

さて、実際にこれから日本語字幕を作って行くわけです。
頑張ってね。

あと、番外編として裏技を紹介します。
既存のYoutube動画で字幕(アノテーションではなく、)が作成されている場合、あるサイトを使ってその字幕をDLする事が可能です。そのサイトが以下です。
http://purplebaby.opal.ne.jp/2011/06/youtubecgi.html
参考までに。

それではまた。

0 コメント:

コメントを投稿