2013/04/29

新党設立パート4 ~ブレインストーミング編

こんばんは。
本日は様々なアイデアをブレインストーミング化して一挙に列挙して行きたいと思います。

新党時代精神(仮)が実現したい社会経済:

無税金社会。短時間労働。相互扶助・包摂社会。アノミー社会からの脱却。「島宇宙」からの脱却。自由、無料、共有というコンセプト。自転車専用道路。公共交通手段における自転車専用車両。表権力の脱中央化。積極的社会参加。高い政治意識。世界事情比較が出来る広い見識。低成長成熟社会。排除ではなく包摂。個人の自由の最大限の尊重・重視・促進。個人と共同体、個人と国家の不可分な結びつきの実現。共同体の復活。一つの相互連関的全一的国家機能。インターネット世論からのフィードバック・そしてその政策への反映。中央政府の脱中央化。人口の脱中央化。資本の脱中央化。愛に基づく社会、与える政治。個人の潜在能力の最大限の顕現を促すような政府機能。個人の政府への関与=直接民主主義。国民投票制度。インターネット世論。人倫の社会。嬉し嬉しの社会。教科書検定制度のない自由闊達な小中教育機構。教員の解放。ホームスクーリング。E-ラーニングの導入。余暇の充実。ベーシックインカムの導入。政府貨幣特権発動に基づく打ち出の小槌財政政策。無借金国家経営。最小限の法律。などなど。数え上げればきりがありません。

1 コメント:

  1. 理想の社会をまず頭に思い浮かべるには、小さな数千人〜2万人ぐらいの島で知っているところがあれば、想像しやすいと思います.
    というかやはり、ベルギーの最小自治体「コミューン・区」をもっと調査すると非常に理想が描けるのではないか、と思います.
    ベルギーは1千万人ちょっと(日本の約10分の1)、首都のブリュッセルが百万人(東京の約10分の1).言語で北のオランダ語圏、akaフレミッシュakaフラマンに10のプロビンス(日本の県)南のフランス語圏、akaワロンに10県(南のドイツ国境近辺に少数のドイツ語圏はフランス語圏の県に内包されている)ブリュッセルはどちらにも属せずに「首都圏ブリュッセル」詳しく書くと非常にややこしいので極簡単に説明しています.全体で、489のコミューンがあります.(ある一つのコミューンを除き)歴史的に自然発生していた共同体が母体になっています(私はこれは非常に重要だと思っています).

    ブリュッセルには、19のコミューンがありますが、これらもほとんど自然発生の共同体が基本になっています.極々簡単に平均すると5万人の区が住民の生活、区内の環境や道路や建築許可、福祉、学校、保育園、幼稚園、公衆衛生・・などほとんどの「人々の生活」の面倒をみていることになっています.だから例えば生活保護の額も大きな違いはないとは言え、区によって様々な違いがあります.選挙で選ぶ区長と議員たちによって区の方針が大々的に表面に出て来るのが大変興味深いです.住民は気軽に区長や議員たちと接し、議員たちは区域内での出来事をつぶさに把握することが出来る訳です.区長がリベラル(ベルギーの右派)か社会党(国の政治でも大多数)か緑の党かで大きい違いが出ます.
    私が住んでいる区はブリュッセルで一番土地の値段が高い、ちょっと気取った小金持ちが多い区で、環境は最高で非常に便利な場所(数週間で引っ越すので、住所から環境を観てください:Avenue Don Bosco 15, Woluwe Saint Pierre )ここの区長はリベラルでどちらかというと右派.数週間前にブリュッセルの都市計画研究会に参加した時、ブリュッセルでは唯一「Social Housing=低所得者の為の安い賃貸住宅」の建設を拒否しつづけている、ことを知りました.ブリュッセル首都圏の都市計画では、第一に「ゲトー」を作らない.なので、低所得者、金持ち、あらゆる人種を全体に均等に、混ぜ合わせることが目的の一つです.私の区の区長をこっぴどく非難していたのが印象的.ブリュッセル議会の政治家や建設大臣らも参加した研究会でのこと.
    ある程度対照的な職場の区は、歴史的に工場や会社とそこに働く労働者が多い区で、工場で環境が壊された過去があるので、現在では緑の党が第一党で区長も社会党か緑の党.私は文化芸術イベント担当なので、職場の区から様々な提案が来ます.ほとんど環境に関したことで、面白い.例えば、区内の10カ所のシティガーデン徒歩ツアーを企画しているので、参加してほしい(わが組織にもかなり大きな都会の畑や温室のようなものがある)で結局50人もの一般人が、私の職場でお昼を食べ、区内の農場などで作っている無農薬野菜や加工品の試食会も(去年のことだけどお陰で私はてんてこ舞い、他の職員は手伝ってくれないし).廃棄物で作るアート教室とか・・・(職場の住所は:Rue du Charroi 35, Forest )
    要するに区長、区議会議員、区の役人は、そこの住民の肩を持つあらゆることをやるのです.最近解ったことは、職場のある区も住んでいる区も「区独自の警備員」たちがいて、その辺を歩き回っていること.職場の帰りに住民がパーキングメーターにお金を吸い取られたと言って、警備員が一生懸命直そうとしていたのが面白かった)
    自転車シェアや自動車シェアのステーションを誘致したと誇らしげに言っていた区議員にもであったことがある.

    返信削除