2013/04/26

どうしても新党設立の話 Part 3

こんばんは。
政界が荒れていますネ。
安倍首相が「第二次世界大戦で我が国はどこも侵略していない」と言ってみたり、
(たしかに、特定アジア諸国=中国と朝鮮ぐらいでしょうからね、自国への侵略として先の大戦における関東軍の侵攻を侵略と見なしているのは。別に分からない主張でもないですけれども。)

で次に麻生氏が「俺が彼らの医療費を払ってるのは遺憾」みたいなことを仰ったそうで^^
こういうメンタリティの人が財相ですからねえ。故中川財相とは雲泥の差です。

自民も民主も共倒れ。
やはり新党を立ち上げて国政に参加し、国の軌道修正をするしかないとつくづく思います。

もう一度おさらいしてみましょう。新党の主な政策は:
1.政府貨幣特権の発動
2.諸税の廃止
3.国債発行中止
4.ベーシックインカムの導入
5.国公立教育機関(高校〜大学院まで)の授業料を無償化
6.一般診療医療費の0割負担
7.全方位的平和外交
8.経済政策の国民投票による最終決定(つまり経済政策は国民投票で賛否を問うというものです。アイスランドを見倣って。)

などなど。


私はこうやってブログとツイッターで発信しています。今はそれが唯一のツールです。
連帯してなにかこう、祖国日本を、日ノ本を変えて、そして世界を牽引しましょう。
ご連絡お待ちしています。

追伸:新党設立についての各記事をラベルでまとめました。「新党設立」ラベル内の記事をいつでもご参照下さい。

それではまた。
Ciao.

0 コメント:

コメントを投稿