2013/07/27

参院選を終えて

先週末13.07.21(日)に行われた参院選ですが、開票システム・ムサシの発動もあり(笑)、自公が圧勝する形になりましたネ。肝心の投票率が、確か56%ですか。ふーむ。これが日本の民度なのでしょうね(*゚Д゚*)ェ…

比例代表における個人得票数が2万票弱でも比例代表制のもと自民党候補はバンバン当選しました。あるいは開票時間夜8時になるとともに「当選確実」の速報が流れたりとか。

選挙はやはり出来レースになってしまったなあと感じています。昨年末に行われた衆議院解散総選挙からそうです。そう感じます。

とはいえ山本太郎氏が当選されて嬉しいです。愛と光の戦士、山本太郎さん。誹謗中傷、過度のストレスもあって円形脱毛症をわずらわれています。ううう、哀しい。
私たちは彼ひとりでグラディエーターになってもらうのか、ということです。
このことについて所感があるので下記でじっくり述べるつもりです。

あと太郎氏についで注目を集めていたのが、三宅洋平氏ですね。彼は17万票を集めたにもかかわらず、「緑の党」の比例得票数が少ないがために当選できませんでした。本当に残念です。
以前の記事で、NAUを応援し、今後の記事も応援記事にします、と申し上げたものの有言不実行に終わってしまったことをお詫び致します。

今回の参院選で思い知らされたことがあります。これが上記で「じっくり述べる」と書いた内容になるのですが、以下のようなことです:

たとえば、というより、結論から申し上げて、目覚めた人達は個々人のチカラは強いのだけれども、(私も含めて)我が強くて、したがって、和して和合してみんなで力を合わせてなにかを成し遂げることができないのだなあ、と。

まさに日月神示で実際に「幽人」と「天人」の力の差について述べられていた通りのことを切に感じました。つまり
個々人の力は強くて、また目覚めてもいるのだけれども、和合しない=幽人
個々人の力は弱いけれども和合して力を合わせるから無敵=天人

これが如実に浮き彫りになっているなと感じます。

とはいえ、私は未来については楽観視しています。少しずつ目覚めて来る人が出て来るし、今回三宅洋平さんに投票された17万強の人々は日本国民に大きな目覚ましコールを鳴らしたのです。始まったばかりです。洋平氏は「あと1000日後でまた」とおっしゃってます。動き出すときが来たのではないでしょうか、目覚めた覚醒されてらっしゃる貴殿!

和合し、力を合わせ事を成す!
成さねば成らぬ、なにごとも!
テーマですね。

今回の参院選でも野党が一大「統一比例名簿」を形成していれば洋平さんはサクッと当選されてたでしょう。力を合わせる事です。

引き続き、チームを募集しておりますd(*^v^*)b♪

なんか毎度のように宣伝で終わってしまいましたが... ≧▽≦


0 コメント:

コメントを投稿