2014/05/29

フリーランスで生きるということ。新しい仕事観。

日本だとどうしても
フリーランスで働いている人の
ことを
フリーター
として片付けてしまいがちです。

フリーターをされている方も、
企業にアルバイト雇用されて
働いているわけです。

アルバイトだと、どんなに
働いても、
月収16-20万円。

私は翻訳業をメインに生計を
立てていますが、
翻訳業以外にもなにかフリーランス
として仕事を探そうと思い検索しました。

このようなサイトを見つけました。

http://www.freshbooks.com/blog/2013/01/16/freelance-jobs/

英語圏ではいくつもフリーランサーを
斡旋するサイトがあるようです。

これからの時代、会社に属して賃金で
生計を立てるという風潮は廃れて行く
のではないかと個人的に思っています。

個人の目覚めが広がることによって
労働観・仕事観
が変わって来ると思うのです。

フリーターの方で新しい可能性を
模索されているのであれば
上記のウェブサイトは必見です。

なにかためになれば嬉しいかぎりです。

私には目立ったスキルがない。
英語が人並みに多少できるぐらいで
他のスキル(例:交渉力、マーケティング、
Officeスキル、プロマネ、コミュニケーション能力、
プログラミングetc)
が全くないのです。

フリーランス・フリーエージェントで
やっていくにはスキルが必須です。
ひしひしと感じます。

人生は創造!

0 コメント:

コメントを投稿