2014/06/08

中央銀行を国有化し、ロスチャイルド家から金融に詳しい人財を登用しよう

「政府は、政府の支出力と消費者の購買力を満足させるために全ての通貨とクレジットを創造、発行、流通させねばならない。
...
お金を創造し発行するという特権は政府にとっての至上優先事項であるばかりでなく、
政府のもっとも偉大なる創造的な機会なのである。」

~エイブラハム・リンカーン

「豊穣化計画」と呼ばれるものが一時期(2年くらい前まででしょうか)ちまたを賑わしていました。
NESARAであったり、通貨リセットであったり。
無尽蔵な額のマネー(京単位)を世界中にばらまいて国家や人々を潤わそう、
という計画でしたね。
が、問題があるように思います。
まず、インフレーションの問題。
次に、
割り当てられた豊穣化資金を使い切ってしまった場合、
そして、
そのお金の出所の問題
です。

細かい検証は避けて結論だけを言えば、
豊穣化計画はうまく機能しないし
なにより順序を経ていない!
ということになります。

順序としては、そして正攻法としては、
通貨発行権を国家が掌握する
ということです。

正攻法ですね。

晴れて日本に一群の英雄たちが現れて、
国の舵取りをするようになった暁(アカツキ)には、
提案なのですが、
金融に詳しいロスチャイルド家のどなたかを
新生国有日本銀行に登用してみてはどうでしょうか。

ジェイコブ・ロスチャイルドさんや
若い世代でいえば、
デービッド・ロスチャイルドさん
あたりではないかと思うのです。
が、
後者は若造で、しゃべりを伺っていてもまだまだ青二才
である印象があります。
→ https://www.youtube.com/watch?v=WRuBndJwIiw

ですので、前者がよろしいでしょう。


0 コメント:

コメントを投稿