2014/12/27

ハイパーインテリジェント集団による統治 だがその前に金権政治を除去せねばならない

ハイパーインテリジェント集団によって国を統治してもらいたいと思う。だが、これは史上かつて無かったことだ。いつの世も超金持ちエリートが金権政治を敷いてきた。水瓶座時代には残れない産物である。なんとかせねばならない。Star Trek的世界観の実現にあたって、除去・浄化されない旧時代の堆積物が山積している。政治、社会、経済、原動力となる理念、マモンからアポロへ、などなど人類の課題は多い。ニューエージ系の人々は受動的だし、瞑想をすれば世界は良くなると思い込んでいる。彼らは他力本願である。そのような連中を新時代は必要としない。社会参加・政治参加も出来ないわけだから。究極的には彼らは地球の参加者ではないのだ。世界の再起動が待たれるが、もたらすのは英雄たちである。英雄は自らを規定し、自らを監督し、能動的に行動する。絶え間なく学習し、知識を得、そして全体・共同体に奉仕する。宇宙文明は往々にして奉仕者たちで運営されている。上のごとく下も然り。さらば、地球の文明も奉仕者によって運営されるだろうしされねばならない。旧時代は漸進的に終焉を迎える。それは順序・法則・形式を伴う。

山本太郎議員が小沢一郎率いる生活の党と合流を果たした。99%陣営にとって大きな一歩だ。面白い展開であり、2015年を待ち遠しく思う。99%陣営はまとまれば無敵なのだが、歴史を通じて巧妙にコントロールされてきた経緯がある。ミーム(文化的遺伝子)にヒツジ的な奴隷根性がインプットされているのかもしれない。今が変化の時である。日銀を国有化するとを戦略に持つような大きな一大勢力が政治の舞台に登場しないだろうか。日銀を国有化するにしても、これにも順序が伴う。だからまずは日米地位協定と日米合同委員会の見直しから始まり、日米安全保障条約の改定・破棄も念頭に置いて戦略的に図面を引けるようなハイパーインテリジェント政治集団が必要だ。一説にこうある。世界の霊王国は日本である、だから霊的成長を志すなら日本で生活すれば良い、と。この命題を真として、仮に日本で生活し続けて修養しても、だ、日本の国体の霊的な曇りは激しいだろうと理解している。日本の草の根レベルからの右傾化は部分的にではあるが見受けられるので。右傾化=霊的曇り というわけではないが、なにより、やはり政が型になっていないので仕方ない。ただ文句だけを言っていても仕方ないので、やはり社会参加・政治参加が必須になってくる。方法論を構想している。

0 コメント:

コメントを投稿