2017/02/07

フルフォード英文レポート 2017/02/06(月)

出典:The long awaited arrests of cabalists are supposed to start this week

待望であった徒党逮捕劇が今週にも始まる予定


今週、ジェフ・セッションズが司法長官に任命されて程なくして70件近い逮捕状がワシントンDC、ヴァージニア、ニューヨークにいる大物フィクサーや政治屋たちに向けて発せられるだろう、そのように複数の情報源が確約している。逮捕予定の人物の中には民主党の上院議員Chuck Schumer、Richard Blumenthal、ヒラリー・クリントンから副大統領の指名を受けた精鋭ことティム・ケインが含まれる、とペンタゴン情報源は言う。ハリウッドと西海岸のエリートに奉仕していた小児性愛の徒党が取り押さえられたのを受けて先週カリフォルニアで474名の逮捕者が出たが、それに続く形でこの逮捕劇は予定されている。興味深いのは、カリフォルニアでの逮捕劇がローカルのニュースでのみ報告されたということ。大企業のネットワークからは完全に無視されたのである。

http://abc13.com/news/474-arrested-in-california-human-trafficking-stings/1734315/


元アメリカ大統領ビル・クリントンは「カナリアのようによく鳴いている」と報じられ、ヒラリー・クリントンや他に多くの連中の逮捕につながる証拠を提供した、とペンタゴン情報源は言う。この件についてペンタゴン情報源が説明するにはこうだ→「オバマが恩赦を施すことを拒否したのでヒラリーはやばいことになってる。ビルは彼女を裏切ったし。彼女の起訴はトランプが命を下した」。ヒラリーがバーレーンに高飛びしようとしたところを捕まって、止められたという信用のできるタブロイドニュースの報告もある。

http://www.globemagazine.com/content/clinton-stopped-her-tracks 


この他にも、ジェフリー・Epsteinsのカリブの性奴隷の島への強制捜査があって、32名の子どもが解放されて8名の密入国者悪徳商人が逮捕されたという予備的なレポートもある。

https://twitter.com/glennbeck/status/828344311016075264 


CIA副長官であるジーナ・ハスペルがブラック・サイト(アメリカ国外にあるアメリカの秘密軍事施設)への身柄引き渡し人として選ばれて、カバール、麻薬カルテル、ISISの連中を拷問する予定になっているので、表には出てこないが熾烈な権力抗争が諜報機関の界隈でエスカレートするだろう、とペンタゴン情報源は言う。


また、よくあることだがバチカン内部で高レベルの陰謀と不正が存在している。これは、フランシス法王が「コンドームをめぐる口論で」マルタ騎士団のグランドマスター=マシュー・ヘスティングを解任したというニュースという形にして形で企業メディアが大々的に報道している。

http://www.telegraph.co.uk/news/2017/01/25/knights-malta-head-resigns-dispute-vatican-spokesperson/


マルタ騎士団のメンバーシップリストを見れば、

https://www.biblebelievers.org.au/kmlst1.htm


グローバリストエリートのハローページのように読める。つまり、ロックフェラー、ブッシュ、ロスチャイルド等、の名前で一杯である。だからこの事態は単なる「コンドーム」以上の何かだと言えるのである。

実際、バチカンのシークレット・サービス筋によれば、本当は何が起きたのかといえば、マルタ騎士団のお偉方が「ニューヨークで、フランシス法王のOKも出ていない状態で世界の金融システムを乗っ取ろうと画策していたところを捕まって、それでバチカンのシークレット・サービスがこのダーティー(汚い)ゲームを発見するに至った」のである。


ことばを換えれば、またしてもイカサマまがいの手法で数え切れないほどの何兆ドルものマネーを作り出そうとする努力が阻止されたのだ、とバチカン情報源は言う。

その情報源はこうも述べる。露・中・米の間で金融システムの未来についての高レベルの交渉が継続中である、と。イギリス人やドイツ人、イスラエル人も関わっている、と彼らは言う。


交渉に関与した複数の情報源が言うには、トランプの背後にいる人々は、血脈家族群れを追求しないことの対価として新金融システムに対する50%のコントロール権限を欲しているとのことだ。アジア人も同様に今では50%を要求し、ロシア人は彼らの役割としては33%を求めている。


ということで、誰がこの権力のポーカーゲームで最強のポジションにいるのだろう?短い答えとしては、アメリカはロシアが味方についていないと中国よりも弱い立場にある、ということ。だが、経済的にはアメリカとロシアを足したのより強い中国ではあるが、軍事的には米露同盟には負ける。これで全体像がわかるはずだ、つまりロシアが今ではキャスティングボートを握っていて、それが理由となってトランプ体制がロシアを悪魔化するのをやめてその代わりむしろロシアに吸い付き出したのである。


このことを頭に入れ、メタファーをまぜこぜにして考えてみるために、世界の地政学的チェス盤を少し俯瞰し、どのような状況にあるかを見てみよう。


グノーシス派イルミナティやその他から得られる確証としては、核兵器を使わないという合意がなされているということ。これがまず第一。別のことばで言えば、金融・情報・特殊部隊・従来の軍事の抗争をハイブリッドにした形で落ち着くということ。

次に、中国の立ち位置をみよう。中国人は、その平和的なアプローチでwin-win関係を築いていくというやり方が功を奏して今では世界のGDPの80%を超える規模の100を超える国々を説得してアジアインフラ投資銀行へ加入させた。また、「一路一帯」戦略もうまくいって(誰か中国人に一路一帯は"one loop and one road"と英訳した方が良いことを伝えるべきだ)大規模なインフラ(事業)を牽引している。彼らはまた世界の主導的な貸し手国でもある。

軍事的には、低いところにある果実(簡単な目標、手っ取り早い近道)を彼らは特定した。つまり、ロシア或いはアメリカと軍事同盟を結んでいない中国と国境を分かつ国々、先週も言及したが、つまりインド、インドネシア、タイ、北朝鮮、マレーシアと言った国々、を数ヶ月もあれば撃退/打ち負かすことができるということだ。これは彼ら中国人が30億人弱の人々を統制できることを意味する。


経済的にアメリカ人は、世界史上最も借金漬けになった国(18兆ドルの対外債務)であるにもかかわらず、いくつもの強みを未だに持っている。アメリカ企業は世界の通商において未だに支配的な存在である。これがまず一点目。プラス、アメリカには圧倒的な・堂々としたたる(しかし急速に鳴りを潜める)科学とテクノロジーがある。アメリカ人はまた中東の石油の大半をコントロールしている。アジアに対しての協力への賄賂としてロシアに大きくシェアを引き渡さねばならなかったのではあるが。


軍事的にはアメリカには圧倒的に最強の海軍と空軍があり、言うまでもないが世界中のキー・ロケーション要所要所に800の基地を持っている。つまり、中国の世界資源へのアクセスのほとんどを妨げることができるということを意味している。また、たいていの世界のリーダーたちを殺す技術的能力がある。さらに、日本・カナダ・UKそしてほんの少しではあるがフランスやドイツといった協力な強力な同盟者を当てにできる。


ロシア人はロシア人で、欧州連合が崩壊しつつあり、真空状態を作りだしつつあるのをドイツやフランスと協力して新しい、民主的な欧州同盟をロシアを含める形で作り出すことで埋めあわせることができる。また、エネルギーと農業の輸出にとって中国が素敵な顧客であることをわかっていて、中国が安価な消費財の大口ソースであることもわかっている。ロシアのシンボルが双頭の鷲であることも不思議ではない。頭の一つが東を向き、もう一つが西を向いている。自然に、自然な話として、彼らは西側かアジアのどちらかを選ぶよう強制されたくはないのである。そうではなくて、両サイドをうまい具合に真ん中に対して相互に競わせているのである。だから、こう着状態なのだ。


この状況で、白龍会は、見かけ上アジア人に支持されている妥協案を提案した。


当ウェブサイトでよく言及されたことであるが、その計画・妥協案とは、能力主義的に人選された未来計画機関を新設することである。日本が先駆的な役割を果たした自由市場と中央による計画モデルのハイブリッド経済はその後シンガポールや韓国、中国により模倣され改善されたのであるが、このハイブリッド経済システムは西側に甚大な経済的困難を敷いた強いたところの剥き出しの企業資本家の貪欲に基礎を置くモデルよりもより良く機能する。近年、西側において計画された長期未来計画は終末的なアジェンダを持った宗教的偏執者たちによって実行されてきた。私たちは、世界の終焉のための計画をすべきではない。そうではなくて世界を楽園として再誕生させるための計画をすべきだ。


世界金融システムの制御統制についての基本的な合意が達成されれば、この機関は年間予算として何兆ドルもの予算を与えられる。これぐらいの予算であれば、このような機関は文字どおり数ヶ月以内に貧困を終わらせ、環境破壊を止めることができる。その後にこの機関は大規模なインフラプロジェクトを実行し、宇宙を冒険し、生態系を回復し、新しいテクノロジーを発展させたりなどができる。実際の仕事は競合的な言い値をつける私企業によって行われるだろう。先週言及した通り、そのような機関の長はまず最初は西洋人であり、それを引き継ぐのはアジア人であるという合意がアジア人たちとの間で出来上がっている。その後、この仕事は最も有能な個人へと引き継がれる。この機関の内々の制御統制については東側と西側で50対5050で折半される。


WDSはまた高度に秘教的な情報源からのメッセージを伝えたい。「福島のような挑発にもかかわらず、ぴったりのタイミングに起きた出来事、例えば実際に青い色をしたブルームーンや、ロシアにぶつかった巨大隕石、バチカンとメッカに落ちた稲妻、La Palmaやその他の場所に押し寄せた地震、これらは皆、優しい警告なのです。」

彗星の飛来、月食、「スノームーン」。これらは皆2月10日に起きる。


https://www.thesun.co.uk/living/2783527/lunar-eclipse-snow-moon-and-new-year-comet-all-fall-on-the-same-day-this-month-and-heres-how-to-watch-them/


疑問としては、これらのイベントは遥か前に予言されていたのか?それとも太陽系の運行が急に変わったのか?


*****
翻訳: Rintaro

0 コメント:

コメントを投稿