2017/06/13

フルフォード英文レポート 2017.06.12(無料分)



ハザールマフィアは、彼らの完全敗北の前に第三次世界大戦を始めようとして何回か目論むだろう


KHAZARIAN MAFIA WILL MAKE SEVERAL MORE TRIES TO START WW3 BEFORE THEIR FINAL DEFEAT



http://benjaminfulford.net/2017/06/12/weekly-geopolitical-news-and-analysis-20170612-khazarian-mafia-will-make-several-more-tries-to-start-ww3-before-their-final-defeat/


読者の皆さんへ。今週Bougainvilleへ発つため、このレポートはいつもよりも三日早く書かれた。だからこの記事に含まれる内容に最新のニュースの全てが網羅されているわけではないだろうが、その埋め合わせとして来週はBougainvilleからの多くの興味深いレポートを提供できるはずだ。

現在進行形で進んでいる歴史的敗北を理解できないハザールマフィアが、未だなお、狂信的なまでに第三次世界大戦を開始しようと画策している。複数の情報源がそのように口をそろえている。人類を、あるいは少なくとも西洋を何千年にもわたり支配してきたハザールマフィアは以下の国々と地域で権力にしがみついている。つまり、日本・イスラエル・サウジアラビア・欧州の一部・そしてアメリカの権力エリートのとあるセクションのこと。だが、世界権力の均衡は彼らに対して今や決定的な変化に達した。だから、最終的敗北を前にして彼らはウクライナや中東、北朝鮮で第三次世界大戦を開始しようと懸命になっている。彼らが権力の座にとどまり、人類の90%を撲滅するという計画を実行するために。

彼らは、トランプ大統領をなんとか排除して、軍産複合体に対する権力を再び確立できるという幻想に執着している。ワシントンDCにおける彼らの権力不足は、先週、解任されたFBI長官ジェームズ・コミーがトランプに対する弾劾の証拠を提示できなかっただけでなく、むしろコミー自身と民主党の既得権益層を犯罪者に仕立て上げる羽目になってしまったことに明らかに見て取れる。オバマ時代の司法長官ロレッタ・リンチが、ヒラリー・クリントンが犯罪捜査の対象になっていたという事実について嘘をつくようコミーに頼んだ、とコミーが証言することでコミーはこれを行った。

http://www.zerohedge.com/news/2017-06-08/comey-admits-ag-lynch-pressured-him-use-clinton-campaign-language-it-gave-me-queasy

コミーは、ハザリアンは人間ですらないと言っている人たちに弾薬を与えた。彼自身が「何年にもわたって人間たちと多くの会話をしてきた」と言うことによって。
さらに、彼の証言は、ハザールマフィアのコントロール下にあるNYタイムズのようなメディア・アウトレットが、アメリカ大統領選においていわゆるロシアの介入があったという事例についてあからさまな嘘を公表しているということを、公の事実としてまたしても明らかにしてしまった。

ハザリアンの企業メディアはいかに彼らが愚かであるかを示した。つまり彼らは真剣にNSAのリーク元としてその名を「Reality Leigh Winner」という人物についての記事をいくつも書いているからだ。「Reality Lie Winner」がNSA内部であからさまな最悪のフェイクニュースを作り出すコンテストに勝利したことは間違いない。
企業メディアを信じるアメリカ人が今では6%しかいないというのはなんら不思議ではない。

http://www.huffingtonpost.com/entry/trust-in-media_us_57148543e4b06f35cb6fec58

「騙すことで戦争を起こす」というモサドのモットーは狼少年のお話を考慮に入れることをしくじった。彼らはあまりにも嘘をつき、そして多くを騙したので、もう誰も彼らを信じていない。

ますますヒステリックな論調になるストーリーラインにもかかわらず、彼らの偽旗事件が突然flopし始めているのはそのためだ。

イギリスの選挙では、ロンドンでの偽旗襲撃事件が彼らの意図した効果とは逆の効果をもたらした。つまり、投票者が保守党のテレサ・メイ首相から目を背けるということによって。権力にしがみつくためにメイは今や、創造原理主義者であるDUP党に頼り、擦り寄らねばならない状態だ。彼女の後退をハザールマフィアのメディアはBrexitに対する勝利として描写しようとしている。だがメイの対抗相手である労働党党首ジェレミー・コービンは、911の真実などを支持するがゆえにその同じハザールメディアからは75%の否定的な報道をされている。

http://www.independent.co.uk/voices/jeremy-corbyn-media-bias-labour-mainstream-press-lse-study-misrepresentation-we-cant-ignore-bias-a7144381.html

http://www.telegraph.co.uk/news/politics/Jeremy_Corbyn/11892383/Jeremy-Corbyn-911-was-manipulated.html

アングロサクソンはハザールマフィアの支配に反乱を起こした。
もしドナルド・トランプを殺すことでこの反乱を終わらせることができると考えているならば、彼らは自らを騙している。アメリカ海軍情報局は、

0 コメント:

コメントを投稿