2017/07/11

フルフォード英文レポート2017.07.10.Mo. まとめ



G20首脳のうち19名は銀行家の奴隷


OUT OF 20 G20 LEADERS 19 ARE FRAUD ENDORSING BANKSTER SLAVES


Posted by benjamin July 10, 2017

http://benjaminfulford.net/2017/07/10/out-of-20-g20-leaders-19-are-fraud-endorsing-bankster-slaves/


G20首脳会談の参加20カ国のうち、19カ国が「パリ協定」という温暖化詐欺に同調しそれを採用している。実に示唆に富んだG20首脳会議であったと言える。炭素をベースとした温暖化という言説は法的にも科学的にも虚構・詐欺として証明されているのだが。

ロスチャイルドが仕組んだ詐欺に同調している中国もロシアもロスチャイルドのlackeysとして存在を明らかにしたようなものだ。地球温暖化を糾弾しているのはアメリカのトランプ大統領のみ。それゆえアメリカのハザールマフィア・コントロール下の企業メディアはトランプが「孤立している」と報じる。

複数の情報筋が同意するのは、米中露は軍事及び情報機関レベルで協力体制にあるということ。見かけ上は対立しているように仕立て上げられているのではあるが。

そうしたことを踏まえてフランシスコ法王が緊急声明を出した。

「アメリカ、ロシア、中国、北朝鮮、シリア戦争におけるロシアとアサドという良からぬかなり危険な同盟関係を私は強く危惧しています。彼らは歪んだ世界観を持っています。」

http://www.cnsnews.com/news/article/cnsnewscom-staff/pope-francis-says-america-has-distorted-vision-world

トランプ大統領と5月に会談をした時に、気候変化という詐欺についてそれを示す260ページにわたる文書をトランプに手渡したのは他でもないフランシスコ法王であることを思い出そう。

G20がIMFにセンターを置く世界政府の樹立を呼びかけていることも注目に値する。

ロシアを実質的に運営しているのはプーチンではなくてロシア正教会である、と実際に筆者がコンタクトした全てのロシア筋が口をそろえる。

(中略)
(注釈:ドイツが小児性愛者を数千人逮捕したこととサウジアラビアの出来事が述べられるが割愛)

右翼筋によれば、日本では、旧田中派が再興を目指して頑張る予定でいる。戦後一貫して日本人になりすまして韓国によるプロキシ(代理)政治をやってる連中をパージしてレジームチェンジを目指している。

(注釈:日本のアンダーワールドのbossによる中国の遷都についての見解の紹介が続く。が、ここでは割愛)

日本、イスラエル、サウジアラビア、ウクライナでハザールによる支配が終われば世界は黄金時代に入る。

(注釈:ここでフィニッシュ)


*****

当ブログ主コメント:

フルフォードさんがPayPalアカウントを凍結された模様です。週刊英文レポートの課金制が終了し、今後は仮想通貨での支払いや寄付に頼るシステムにシフトするとのことです。
7月10日での告知記事 

0 コメント:

コメントを投稿