2017/07/24

フルフォード英文レポート 2017.07.24.Mo.


The road to Rome leads through Mecca and Jerusalem
ローマへの道はメッカ、エルサレムを通じる


出典・ソース:http://benjaminfulford.net/2017/07/24/the-road-to-rome-leads-through-mecca-and-jerusalem/


By benjamin Organized Crime  11 Comments


The rogue states of Saudi Arabia and Israel are under massive attack from a Russian, Chinese, Pentagon and Iranian alliance and will have no choice but to surrender. It is only a question now of when, not if. When these rogue regimes surrender, their leadership is going to be forced to expose who gives them their orders and they will point to Rome and the black sun worshippers at the P2 freemason lodge. These are the self-appointed social engineers behind most of the world’s troubles. Once they are exposed, it will be game over and a world revolution leading to world peace will take place.


サウジアラビアとイスラエルは猛攻を受けて居る。降伏は必至である。彼らへの命令系統を辿ると、黒い太陽を拝むP2フリーメーソン・ロッジにたどり着く。この人たちが世界の諸問題の背後にいる社会工学者たちである。彼らが暴露されれば、それは彼らにとってのゲームオーバーを意味し、世界平和へと続くことになる世界革命が引き起こされるだろう。


The P2 Freemason leaders who are behind such acts of terror as 911 and Fukushima are sick with worry these days because they can see a dragnet closing in on them from all sides. This writer’s verified claims about their involvement in these horrors, for example, are now going viral.


このP2フリーメーソンの指導者らは怯えている。911や福島でのテロの背後にいる存在であり、筆者が主張し、そして実証されたことは今やバイラルを起こしている。


http://themindunleashed.com/2017/07/former-mainstream-media-journalist-blows-whistle-911-fukushima.html


The lawsuits against Saudi Arabia by the families of the victims of 911 are one key source of worry. That is because the lawsuits will inevitably lead to the secret Western controllers of Saudi Arabia. In the UK, for example, the Labour Party, that is poised to seize power, has joined the 911 victim’s families in demanding that the UK government release its secret report on Saudi Arabian funding of terror groups. The government of Prime Minister Theresa May says they cannot make this information public “for national security reasons.”


サウジアラビアを被告とする法廷手続き(訴訟)が911の犠牲者により為されている。サウジアラビアに命令を下している秘密の西洋支配者らに必ず足跡をたどることができるので、原告が心配だ。イギリス労働党は911の犠牲者らに加わって、イギリス政府に対し、テロリストへの資金提供に関するサウジアラビアについての秘密の報告を要求している。だがメイ首相は「国家安全保障上の理由から」その開示を拒んでいる。


https://www.independent.co.uk/news/uk/politics/saudi-arabia-terrorism-report-theresa-may-labour-suppress-a7849271.html


What they really mean is that exposing Saudi Arabia’s involvement would expose the involvement of people like former Prime Minister Tony Blair in 911. Since Blair went to former pope maledict (Pope Benedict XVI) for protection after he lost power, you can be sure the trail from Blair leads to Rome.


サウジアラビアを暴露することは例えば元首相のトニー・ブレアの関与を白日のもとにさらすことになる。権力から退いた後にブレアはマレディクト(前法王=ベネディクト16世)に保護を求めた。だから、ブレアを追求すればその軌跡はローマへと続くことがはっきりしている。


[onlymembers]


[以下、メンバーのみ]


Then we have Iranian Foreign Minister Mohammad Zarif being quoted in English language media as saying that 94% of world terrorism can be traced to Saudi Arabia.


イランの外相モハンマド・ザリフの発言とされるものが英語で引用されているニュースがある。曰く、世界で起きるテロの94%はサウジアラビアへとトレース・追跡できる、とのこと。


http://ahtribune.com/world/north-africa-south-west-asia/1798-zarif-saudi-94.html


Once again, if you look behind Saudi Arabia and its pseudo-Muslim Satan worshipping ruling family, you will find the P2 and their black sun.
Now, the US military has allowed the Iranians and Russians to deploy along the border between Syria and Israel as well as along the Saudi Arabian border, causing the Israelis to freak out.


サウジアラビアと似非ムスリムであるサタン崇拝者のその支配者家族を見れば、P2並びに黒い太陽を見つけることができる。
イランとロシアがシリアとイスラエル国境沿いに、そしてサウジアラビアとの国境沿いに部隊を配備することをアメリカ軍は許している。だから、それでイスラエルは怖気ついている。


http://www.haaretz.com/middle-east-news/syria/1.802675


The US military is now concentrating its military in the Middle East on annihilating Daesh, which is an Israeli and Saudi Arabian front. So the US military is de facto in an alliance with Iran and Russia against Israel and Saudi Arabia.


アメリカ軍は今のところ、ダーイシュを殲滅すべく中東にその軍隊を集中させている。ダーイシュはイスラエルとサウジアラビアのフロント的な存在だ。だから、アメリカ軍は実際上はイランとロシアのイスラエルとサウジアラビアに対抗する同盟・アライアンスに加わっていると言える。


Now Turkey has made public the locations of US bases in Syria even as its buys Russian s-400 missile defenses. Pentagon sources say this leak was deliberately made to show a US, Russian military alliance in the Middle East. This is happening as Germany withdraws its troops from Turkish airbases and stops selling arms to Turkey. Remember, Turkey has the largest army in the NATO alliance after the US. Turkey’s strongman Recep Erdogan has been flipping and flopping back and forth between Russia and NATO depending on who seems stronger. Remember it was not that long ago that Erdogan asked for NATO help after his armed forces shot down a Russian fighter jet. Now he seems to be working with Russia and the US military against NATO.


さて、今やトルコが、シリアのアメリカ軍基地の場所を公表した。同様にロシアのS-400ミサイル防衛システムの購入も公表した。ペンタゴン筋によれば、このリークはアメリカとロシアの中東における軍事同盟を示すために意図的に行われたものである。時を同じくしてドイツがトルコの空軍基地から軍隊を撤退させ、トルコへの武器販売も停止した。思い出そう、トルコはNATOにおいてアメリカに次いで二番目に最も大規模な陸軍・軍隊・armyをもつということを。トルコのstrongmanエアドガンはロシアとNATOの間をいったり来たりしていて、日和見的にどちらのサイドにつくかを画策している。ロシアの飛行機(fligher jet)を撃墜した後にエアドガンがNATOに助けを求めたのはそう遠くない過去であったことを思い出そう。今彼は、どうやらNATOに対抗してロシアとアメリカ軍と共働しているようだ。


http://www.zerohedge.com/news/2017-07-19/pentagon-furious-after-turkey-leaks-us-base-locations-syria


http://www.businessinsider.com/turkey-agreed-to-buy-russias-s-400-missle-system-concerns-about-nato-2017-7


We also see the Serbians asking for Russian missile defense systems to “defend against NATO aggression.”


また、「NATOによる侵害から守ってもらうべく」セルビアがロシアにミサイル防衛システムを依頼していることもうかがえる。


https://sputniknews.com/military/201707211055753931-russia-serbia-s-300-nato/


Remember also how US President Donald Trump was calling Germany “very bad” and became the first US president in NATO’s history to not mention the article 5 mutual defense clause in the NATO treaty. Pentagon sources have long told this writer about how much they enjoy sinking submarines sold to Israel by the Germans. Now they say the Germans are being blocked from a plan to sell 3 more submarines to Israel. Also, the Germans lost out to the French company DCNS on a contract to sell 12 submarines to the Australians, Pentagon sources say.


同じく、思い出して欲しいが、NATO憲章第5条に規定された相互防衛について、言及しなかった最初のアメリカ大統領がトランプであり、またドイツを「とても悪い(very bad)」と評価したのだ。ペンタゴン筋は長きにわたって、彼ら(ペンタゴン・アメリカ軍)が、イスラエルに売られたドイツの潜水艦をいかに楽しさまじりに沈めていたのかを、筆者に話していた。


(訳者注:潜水艦が「売られた」という表現になっているが、実際はイスラエルに無償で供与されているのが過去数年間にわたる現状)


So now we see Germany, Israel and Saudi Arabia all in the crosshairs together. What do these countries have in common? They are controlled by Khazarian mafia bloodline families, including the old Roman families who control the P2 Freemason lodge.


ということであるので、ここでわたしたちはドイツ・イスラエル・サウジアラビアが居並んでハザールマフィアに支配されている国々として揃っているのを確認できる。かの国々はハザールマフィア血脈により支配され、それだけでなくP2フリーメーソンロッジを支配する古代ローマ(から)の家族群れによって支配されている国々だ。


Remember also how at the last G20 meeting Pope Francis was, together with German Prime Minister Angela Merkel, leading the chorus for the Paris accords, while Trump opposed it. The Paris Accords are really an attempt by the bloodline families to appear as gentle sheeple herders in order to stay in power and create a world government controlled by them. So, opposition to the Paris accords by Trump is really gnostic illuminati opposition to continued bloodline rule. The gnostic illuminati claim they have fought against bloodline rule for thousands of years and take credit for the French, US and Russian revolutions. Their leaders say they are now pushing for a world revolution against bloodline rule.


G20会議でフランシスコ法王がメルケル首相とともにパリ協定を推進し、そしてトランプがそれに反対したことも想起されたい。パリ協定は、本当のこととして、この血脈家族群れによる支配を継続させ、また彼らの配下に置かれるような世界政府の樹立を目論むものである。だからトランプのパリ協定への反対は、長きにわたる血脈による支配に対抗するグノーシス・イルミナティとかぶる。グノーシス・イルミナティは、血脈支配に数千年間にわたって戦い続けて来たと主張する。そしてフランス・アメリカ・ロシアでの革命は彼らの手柄であると主張している。彼らの指導者は、血脈支配に対抗した世界革命を目下推し進めている、という。


(訳者注:グノーシス・イルミナティ、ということで。グノーシス・イルミナティ=ピタゴラス派イルミナティ。として捉えたいが、そうするとじゃっかん、認知的不協和に陥る。)


Thus, what we are seeing reflected in recent news is a continuation of a civil war in the West with countries still controlled by Khazarian bloodline families (Saudi Arabia, Germany, Israel) being attacked by those no longer under their control (the US, Russia, Iran etc.). France is also being pulled out of its alliance with Germany which is why the Daesh supporting top French general Pierre de Villiers was fired, Pentagon sources say. Clearly the tide is turning against the bloodline controlled countries.


したがって、私たちが目撃しているのは、最近のニュースに反映されていることから言えば、昔ながらのハザールマフィア血脈家族群れによって未だに支配されている西洋諸国における市民戦争・内戦なのである。(つまり、サウジアラビア・ドイツ・イスラエル)そして彼ら家族群れは、彼らの支配から抜けた国々(アメリカ、ロシア、イラン等)によって攻撃が継続されている、という状況である。


Inside the US, the neocon Khazarian servants had a huge loss as Trump was forced to renew a deal with Iran despite his previous posturing against that country. The purge of bloodline servants also continues with warmongering Senator and Daesh (ISIS) founder John McCain getting malignant brain cancer. He joins George Soros, David Rockefeller, Zbigniew Brzezinski, the Clintons and many others in the garbage can of history.


アメリカ国内においては、ハザリアンの召使いたちは大きな損失を余儀なくされている。つまり、イランに対して取引を更新することをトランプが強要されたことによって。トランプは以前はイランに敵対するようなポーズをとっていた。戦争を煽り、ダーイシュの設立者でもあるジョン・マケインが悪性の脳腫瘍を患ったが、これも血脈家族群れの召使いたちのパージの表れだ。彼は、ジョージ・ソロス、D.ロックフェラー、ズビグニュー・ブレジンスキー、クリントン家その他多くの人々に加わって歴史のゴミ箱行き。


The bloodlines are fighting back against this ongoing purge with their “Russia did it” campaign. Thus, last week Susan Rice, former President Barack Obama’s security adviser, was giving secret testimony to the Senate Intelligence Committee on “Russian interference” in the US election. “Russian interference,” is a Khazarian bloodline family code name for the gnostic Illuminati. Now their pet politicians in Congress (who are supported by less than 10% of the US population) are trying to place a new set of sanctions against Russia that are tantamount to a declaration of war. Of course the US military will ignore these bribed actors but what they really should be doing is rounding them up and putting them in jail. And jail is what they deserve.


「ロシアがやった」キャンペーンについて。(中略)(この段落のまとめ:「ロシアによる干渉」はハザリアン血脈家族にとってのグノーシス・イルミナティを表すコードネームである。ロシアに対して新たなネガティブキャンペーンを画策している)


If you want to know just how corrupt the Western power structure is, I highly recommend you listen to this 37 minute interview with Tony Gambino, former top boss of the Gambino crime family.


西洋の権力構造がいかに腐敗しているかを知りたければ、ガンビーノ犯罪ファミリーの元・ボスであったトニー・ガンビーノの37分にわたるインタビューを聴けば良い。


https://youtu.be/5tWv_yoandM




The bloodline families think they are doing God’s work by forcing Islam and Christianity to mix and merge so that they can unify monotheism, according to various P2 officials I have interviewed. They also want to create Eurabia, ruled from Jerusalem, as a step on their road to creating a fascist world government.


イスラム教とキリスト教を融合して一神教を統一するという「神の御業」をやっているのだとP2高官らは思っているらしい。筆者がインタビューしたところによれば。また彼らはヨーロッパとアラビアを合わせたユーラビアを作り出してそれをエルサレムから支配しようと欲している。それは彼らのファシスト世界政府樹立に至るステップとして扱われる。


Their plan is now unravelling in Asia as well as in Europe. In Japan, the Tokyo Electric Power Company has sent yet another robot into the Fukushima reactors only to have them once again find nothing. That is because the official story of a reactor melt-down is a lie. The reactors were blown up by atomic bombs placed there by the Israeli company Magna BSP. This is going to be public knowledge soon because the CIA and the Pentagon have decided to expose Fukushima for the P2 directed mass murder attack that it was, according to CIA sources in Asia.


この段落まとめ:彼らのプランはアジアと欧州で明らかになって来ている。日本では、東電が福島のリアクターにまたロボットを投入してみたが何も見つからなかった。それもそのはずで、リアクターのメルトダウンという公式ストーリーは嘘だからだ。リアクター(複数)はイスラエル企業MAGNA BSPによって設置された原子爆弾で吹っ飛んだのだ。この知識は早晩、公のものとなろう。というのも、アジア在住のCIA筋によれば、福島の事件について、P2が仕掛けた大量殺人攻撃であるというあるがままのことを暴露すべくCIAとペンタゴンが意思決定したから。


Asian secret society bosses say they agree with the Pentagon on this and will go to war if necessary early next year to remove the Khazarian influence from Japan and the Korean peninsula. The Japanese underworld are also planning a revolution against the slave regime of Prime Minister Shinzo Abe this autumn, several right wing sources say.




アジアの秘密結社のボスたちはこれについてペンタゴンと合意し、また必要があれば来年の早い時期にでも、日本と朝鮮半島からハザリアンの影響を排除すべく戦争へ行く予定である。日本のアンダーワールドは、奴隷政権こと安倍晋三首相に対する革命を今年の秋に計画している。と、複数の右翼筋がいう。



***
一応の翻訳:sanatk

訳者評:weekly geopolitical news and analysisレイアウトとシステムが変更になりました。僕もそれを先ほど確認したばかりです。今後は寄付型モデルでサイトを維持するのではなくて、クレジットカードによる支払いモデルで行くとのことです。7月19日付で"Website Upgraded"と題した記事がアップされています。

この数ヶ月の間、フルフォードさんを取り巻くサイバー的な環境の変化がめまぐるしいですね^^
さて、しばらくの間・当面は("for now")無料で閲覧できるようにしているそうです。支払いシステムが確立されるまで。毎月8ドルぐらいでの課金に収まるでしょうから、購読するつもりです。ここ一ヶ月ほど、「フルフォード英文レポート」の当ブログでの扱いがなおざりになっていました。今回初めて、原文と訳文を併記する、という試みをしてみました。いかがでしたでしょうか。一応の、力半分くらいの速訳で済ませました。原文と照らし合わせることで参考になるかと思います。翻訳に対するダメ出しやご感想、あれば是非ともフィードバックしてください。Eメールで。待ってます♡💖

0 コメント:

コメントを投稿