2017/07/31

ライフテーマ:マネー

空いた時間を用いて学問に精を出すのはいいことです。ですがそれは趣味の範疇に収まります。今のライフステージにおいて、何を追求すべきなのかを考えました。結論としては、それは「マネー」の追求です。つまり所得アップ。それも単なるアップではなくて1億超えるするような所得・個人資産の形成です。人生という大いなるゲーム・プロセス・事業において、今後を考えるとやはりマネーが必要になるし、それを十分持っていることにこしたことはない、というアイデアです。いかんせん、国政選挙に立候補するだけでも300万円(供託金・小選挙区の場合)とキャンペーン費用として最低でも100万円はかかるでしょう。それをどうやってファイナンスするのか、という問題になります。幾たびの試練を経て晴れて政治屋さんを職業として担うことができたとしても、それは登竜門に過ぎず、その後、長い長い権力闘争・政治闘争を経ねばなりません。そうした「マッチョ」な闘争に関わるのは、柄にもないことです。与党になるまでにも多大なエネルギーを必要とし、そしてマッチョな闘争を繰り広げないといけない。そこまで行くのに、政治屋さんになってから10年以上はかかるでしょう。

大局的に見て、世界は良くなってゆくはずです。ですので、わざわざ僕が政治屋という重責を担うような仕事はしなくても良いのです。問題は、人生で何がしたいのか?ということ。僕自身にとって「自己実現」とは何か?という問題に突き詰めることができます。所得アップということで1億越えを目指すのは、大きく事業展開してゆくことを前提とするからです。で、人生に対してそのように大きく・でかく出て行くのか?という問題です。ひっそりと静かに暮らすというのは穏当な人生です。年齢的にはアラサーで、まだ若いカテゴリーに入る。若い人の特徴は、「功名心」です。あるいは、人生設計について、目一杯スケールをでっかくして設計するとか。

とは述べたものの、マネーは無いよりあるに越したことはない。どうせ目指すなら空天井で。一定の軍資金を得たのちにトレーダーでもしよう、と考えています。何より、労働から解放されたい。その想いでマネーを生み出してゆこう、と。とりあえず、軍資金100万円を目指して仕事に拍車をかけます。

0 コメント:

コメントを投稿